Digitization of dentistry

2019.02.02

 

こんにちは!

いつもDrs.Kaku's officeのBlogをご覧いただきありがとうございますcat

 

2019年がスタートしたばかりだと思っていたら

あっという間に2月に突入しましたねsign03

 

振り返ってみると1月は診療以外に

初めてのiTeroセミナーやMAOセミナーがあったり

怒涛の一ヶ月だったと思います!

以前、Blogでもその模様をご紹介しましたが

officeに5台のiTero elementが集結した姿は

近未来感を感じましたshine

スクリーンショット 2019-01-30 18.45.14.png

 

今現在も歯科のデジタル化は様々な部分で進んでいますsign01

今回は皆さんが直接触れることがないにもかかわらず

実は多くの患者様を "助けてくれている" 最新マシンをご紹介しますbell

 

それが、こちらですsign03

 

スクリーンショット 2019-01-31 12.45.48.png

その名も " 3Dプリンター " ですsign03

invisalign治療でお馴染みのiTero elementで口腔内をスキャンし

そのデータを3D模型化する機械です!

 

それぞれのofficeに異なる2台のプリンターがあり

昨年の春頃代々木上原オフィスに、

続いて秋頃広尾オフィスにやってまいりました!

 

3Dプリントの場合、普通の印刷と違って

できあがる模型の形を1つ1つ調整したり

材料のセッティングや乾燥といった工程を踏むので

とてもデリケートな機器なのですimpact

そんな3Dプリンターのあれこれの全てを

DH NatsusmiさんとDT Kiyoさんが担当してくださっていますconfident

プリンターの設置やソフトウェアの設定、プリンターのお手入れから模型のプリントまで

全てを網羅し操作してくださっていますsign01

 

スクリーンショット 2019-02-02 19.21.48.png

 

この3Dプリンターでは、主にリテーナーや矯正装置作製用の模型を作り

その模型から作られたリテーナーや矯正装置が皆様の元へ届けられます!

では、何が皆様を助けてくれているのかというと、、、

 

ピンクの粘土で歯型を取るアレがないことです!!

あの型取りが必要ないというのが皆様にとって一番嬉しいことだと思います!

経験された方も多くいらっしゃると思いますが、歯型を取る作業は

口に粘土を突っ込んだ状態で数十秒~数分間待たなくてはいけませんdanger

息がしずらく、嘔吐反射が強い方は特に苦しい時間だと思いますwobbly

ですが、3Dプリンターでは型取りの代わりに

口腔内スキャナーでスキャンをするだけでよいのです!

スキャニングは動画撮影のような感覚で

粘土の型取りよりはるかに患者様の負担を軽減できますsign03

 

実際に、患者様にアレはしないとお伝えすると皆様喜ばれますhappy01

 

そんな影の仕事人 "3Dプリンター" で

模型ができるまでをお見せします!!

 

⬇︎こちらは広尾officeのプリンター⬇︎

スクリーンショット 2019-01-31 10.40.26.png

 

何もない状態からせっせとアームが行き来して

レジンのような材料を盛って3D模型が完成しますshine

 

⬇︎次は代々木上原officeのプリンター⬇︎

スクリーンショット 2019-01-31 10.41.31.png

 

代々木上原オフィスのプリンターは

上のトレーが上下する仕組みで

下の液体が徐々に歯の形に固められて写真のように出来上がりますshine

なかなか写真だけではお伝えできないのが惜しいですが

Staffもその様子に興味津々で仕事の合間に覗く姿が度々目撃されます!

John先生も例外ではありませんsmile

 

スクリーンショット 2019-01-30 18.19.28 2.png

 

代々木上原オフィスは目に届く場所に設置されているので

皆様もご来院の際、是非覗いてみて下さいeyesign03

 

DH Yuka

ページトップ