/mirthful747985.html,drskaku.com,tokyo.sora,[Blu-ray],DVD , 日本映画 , ドラマ,2634円 2634円 tokyo.sora [Blu-ray] DVD 日本映画 ドラマ tokyo.sora Blu-ray 売り込み /mirthful747985.html,drskaku.com,tokyo.sora,[Blu-ray],DVD , 日本映画 , ドラマ,2634円 2634円 tokyo.sora [Blu-ray] DVD 日本映画 ドラマ tokyo.sora Blu-ray 売り込み

tokyo.sora 爆安 Blu-ray 売り込み

tokyo.sora [Blu-ray]

2634円

tokyo.sora [Blu-ray]

商品の説明

内容紹介

『tokyo.sora』、『好きだ、』Blu-ray 2013年4月10日発売

石川 寛監督 7年ぶりの最新作、
『ペタル ダンス』の劇場公開を前についにBlu-ray化!

★商品情報★
劇場で観たtokyo.soraの再現を目指して。
公開時と同じ"ポジ・フィルム"からの映像を調整した、あらたな原版。
石川 寛監督監修による、ニューマスターの「tokyo.sora」。

●tokyo.sora [Blu-ray]
品番:VPXT-71264(POS:4)価格:\3,990(税込)
本編127分+特典映像17分
仕様:片面・二層/COLOR/複製不能/レンタル禁止/
16:9lt;1080i High Definitiongt;(本編のみ)/英語字幕(本編のみ)/MPEG-4/AVC/STEREO/リニアPCM/日本国内向
lt;特典内容gt;
・「a.day」未公開シーンで綴るtokyo.soraのもうひとかけら(短編)
・「2002.5.31」取材のため撮影から一年ぶりに集まった6人。その撮影風景。
・予告篇(劇場オリジナル予告篇、劇場未公開のオリジナル予告篇)
・ペタル ダンス予告篇
lt;封入特典gt;
・4Pリーフレット(石川 寛監督書き下ろしエッセイ収録)
lt;キャストgt;
板谷由夏 井川 遥 仲村綾乃 高木郁乃 孫 正華 本上まなみ
長塚圭史 石川伸一郎 坂本サトル 遠藤章造 香川照之 西島秀俊
lt;スタッフgt;
監督 編集:石川 寛
撮影:阿藤正一・小野寺幸浩 照明:藤井貴浩 美術:舟橋葉子 録音:阿尾茂毅
スタイリスト:藤井牧子・安野ともこ ヘアメイク:永倉雅之 音楽:菅野よう子
プロデューサー:永松 彰・岸野一雄・石川 寛
製作:tokyo.sora制作委員会(ドマーニ・グアダループ・石川寛・グランドファンク)
発売元・販売元:バップ
(C)2001 tokyo.sora 制作委員会

★ストーリー★
自分の小さい胸に悩む美大生の女の子、日本語を勉強している台湾からの留学生の女の子、
オーディションを繰り返すモデルの女の子、客のいないカフェでアルバイトをする女の子、
小説を書きながらランジェリーパブで働く女の子、ランジェリーパブで働きながら美容師を目指す女の子。東京に暮らす20代、女の子たちの日常。
「東京の空」だけが彼女たちのすべてをみつめ、見ず知らずの存在だった彼女たちを結びつける。
(2002年公開・2003年DVD発売)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ペタル ダンス』の石川寛監督による群像ドラマ。自分の小さい胸に悩む美大生、日本語を勉強している台湾からの留学生、オーディションを繰り返すモデルら、悩みを抱えつつ東京で暮らす20代の女の子6人の日常を描く。出演は板谷由夏、井川遥ほか。

tokyo.sora [Blu-ray]

 孤独で、十分なお金のない台湾からの留学生、小さいおっぱいに悩む、美大に通う女の子、オーディションを繰り返し受けるが芽が出ない女の子、パブで働きながら、小説を書いている女の子、美容師をめざす女の子。 それぞれに悩みがあり、現実の厳しさがあり、壁があり・・・ でも、ナレーションを入れるわけでもなく、誇張した演技をするわけでもなく、あくまでも自然体で、たらたらと画面は変わっていく。台湾の子は、美大で裸婦のバイト、おっぱいのサイズに悩む子は、胸にパッドを入れる・・・自分の殻を破り、ちょっと背伸びした女の子になるまでの姿を、あくまでも自然体に描いた作品。どこか昭和の香りのする映画。。。
倉本聰『やすらぎの道』の板谷由夏が印象強く、本作に手を出してみた。今や人気・中堅どころの俳優が出演している。セリフの言い回しは、敢えて芝居っ気を排除したのか。まるで「他人の日常を垣間見たよう」な、「覗き見したような」感覚が味わえた。こんな映画もたまには新鮮。〈人間だから闇を抱えているのは当然…)それと、若い井川遥も目の保養になった。
空気感というのでしょうか、独特のボケ具合が世界を作れる稀有な監督の作品です。まるで写真のようで、しかし映画でなければできない時間の流れの表現があります。登場人物の描き方が秀逸です。展開はフラット、スペクタクルもありませんが魅力的です。
特別なストーリーは、特にない。だけど、女の子の人生は、確かにある。そんな感じの映画でした。知らない女の子の、秘密の日常を盗み見てしまったような、不思議な気分に陥る映画でした。一回では、なかなか理解できないけれど、二回、三回と繰り返し見ているうちに色々なことが分かってきて、胸が熱くなりました。あと、なによりも音楽がとても綺麗です。

大学基準協会より『経営系専門職大学院認証評価』の 適合認定を取得

神戸大学大学院経営学研究科現代経営学専攻(MBAプログラム)は、大学基準協会より『経営系専門職大学院認証の適合認定』(2019年4月1日発効)を取得しています。>>評価

専門実践教育訓練給付制度

神戸大学大学院経営学研究科現代経営学専攻(MBAプログラム)は、厚生労働省が実施する「専門実践教育訓練給付金」制度の専門実践教育訓練として指定を受けています。>>専門実践教育訓練給付金