3203円 ベートーヴェン:交響曲全集 ミュージック クラシック 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 3203円 ベートーヴェン:交響曲全集 ミュージック クラシック 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 価格 交渉 送料無料 ベートーヴェン:交響曲全集 ベートーヴェン:交響曲全集,ミュージック , クラシック , 交響曲・管弦楽曲・協奏曲,/cryptozygosity747882.html,3203円,drskaku.com 価格 交渉 送料無料 ベートーヴェン:交響曲全集 ベートーヴェン:交響曲全集,ミュージック , クラシック , 交響曲・管弦楽曲・協奏曲,/cryptozygosity747882.html,3203円,drskaku.com

おしゃれ 価格 交渉 送料無料 ベートーヴェン:交響曲全集

ベートーヴェン:交響曲全集

3203円

ベートーヴェン:交響曲全集

ベートーヴェン:交響曲全集

先ずは当時のグラモフォンのこの企画の凄さ、そしてチェコの偉大なる指揮者クーベリックが選ばれた事に彼の実力が分かると言うべき全集でした。9つの世界の名オーケストラがベートーヴェンの交響曲を一曲ずつ担当と、でどのオーケストラもこの企画故に自分らが一番だと言うプライドを掛け録音に参加してるのが聞いてて分かります。特にウィーンフィルとの第7番の凄みは力量を遥かに超えて聴けます。全曲を通してクーベリックの実力がどのオーケストラともマッチする、弦楽器の美しさを特に醸し出して数多いベートーヴェンの交響曲全集の中でも意味のある物としての今後も愛聴され続けて行くと思います。個人的に第7を筆頭にクリーヴランド管弦楽団との第8番、パリ管弦楽団との第6番、アムステルダムコンセルトヘボウとの第2番も気に入りました。そしてクライマックスはバイエルン放送響との第9番と!これぞ手兵としての演奏はクーベリックの巨匠としての実力を一分の空きもなく録音されて居ます。是非ともライブラリーの中にこの全集を仲間に加えて欲しいと願います。
 2014年に生誕100年を迎えたチェコ出身の名指揮者、ラファエル・クーベリック(1914~1996)唯一となったベートーヴェン:交響曲全集である。しかも、世界の9つの有名オーケストラを指揮した全集という他にはない豪華なる企画である。 クーベリックは決して強烈な個性で聴かせるタイプの指揮者ではなく、いわば「中庸の美」といえるような味わいが魅力だったように思う。もっとも没後にリリースされた数多くのライヴ盤にはそうした特長と共にライヴならではのとても魅力的な「熱気」が加わっているけれども。この全集はそうしたクーベリックのごり押しせず、相手のオーケストラの長所(同時に短所も)を引き出しているところが興味深い。第1番はロンドン交響楽団だが、オーケストラとの相性があまり良くなかったのだろうか。古典派の枠組みの範囲内というと聞こえは良いが、きっちりした枠に収まったかのような既成概念に終始してしまっている。第2番はアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の伸びやかな音色に初々しさを感じ嬉しくなってしまう。第3番「英雄」はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮しての演奏だが、ベルリン・フィルとの第3番「英雄」は同じ組み合わせの1966年ライヴのヘキスト化成100周年を記念した自主制作盤LPが知られており、その演奏も「地味に燃える」クーベリックの様が際立ったものだったが、こちらも流石はカラヤンの全盛期の牙城だけあって実に流れが気持ちの良いパワーのある響きだが、表面的な演奏にどこか割りきれない気持ちになってしまうのは私だけだろうか。それにしても第2楽章のオーボエなんというが明るいを通り越して脳天気な音色だろうか。第4番はイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、壮麗な弦楽器群の響きが実に心地好い。第5番はボストン交響楽団、「燻し銀」の味わいでじっくりと聴かせてくれる。第6番「田園」はパリ管弦楽団を指揮しての演奏だか、これだけ派手な色彩が色濃く反映されたけばけばしい「田園」を聴いたのは初めてである。第7番はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラの美意識を生かし、そのままドライブしていく無理のない演奏。第8番はクリーヴランド管弦楽団、セル亡き後、マゼールの治世が始まった直後の演奏だが、高性能のスポーツカーを運転しているかのような快感が曲想と相間ってギリギリのところで勝負している様が素晴らしい。第9番「合唱付き」は手兵のバイエルン放送交響楽団との演奏だが、じっくりと腰を据えた従来私たちが抱いていたスタジオ収録のクーベリックの姿がここにある。全集に先立って、というか本来は全集の第1弾として収録されながら企画変更となり当時、先に日本でのみ発売されたバイエルン放送交響楽団との第7番、第1楽章は手堅いがレコード用の演奏という感が拭えない。第2楽章はやけに無表情に始まるがあとになるにつれてメロディを随分歌うが厳しさに欠ける。第3楽章は弦楽器群と木管楽器群との掛け合いがやけに間伸びして聴こえるのが気になってしまう。第4楽章はライヴさながら、一気加勢に突き進んでいくが、このような熱狂が全曲を通じていればと惜しまれる。[DG=タワーレコード:PROC-1146~51/5CD]
マーラーやドヴォルザークの交響曲全集を完成させた後にクーベリックが取り組んだのが、本命と言えるベートーヴェン。しかもすべての交響曲を違うオケで振るという、誰も思いつきもしないような企画をぱっと実現してしまった。奇抜とも言えるコロンブスの卵的な発想だが、結果として、彫りが深く、革新的で、拡がりを持った全集になった。オーケストラの個性を生かした選曲。創造神の誕生に立ち会っているような、ベルリンフィルとの白熱の3番。5番はボストン響で、格調が高く端正で、推進力のある引き締まった名演。能に近いほどゆったりとしたテンポで、パリ管の響きをひたすら味わいつくす「田園」。ウィーン・フィルは7番。ワーグナーが「舞踏の聖化」と言った作品は、ワルツのリズムを伊達に響かせる。ジョージ・セルによって鍛えられ、室内楽的精緻さを持つに至ったクリーヴランド管弦楽団は最適の8番。ロンドン交響楽団との1番や、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団との2番も出色の出来。重々しくならずに狂騒に浮かれもしない「第九」は、空が晴れ渡っていくような印象。9つのオケは単なるヴァリエーションではなく、9つの楽曲の個性の刻印となった。クーベリックは、表面的な感情の昂ぶりや、テンポ設定や表題などに流されずに、楽曲の根源部分にオーケストラと一緒に立ち、楽譜から受け取る創意を、鳴り響かせる。だから彼の演奏は、何度も聴けるし、聴きたくなるし、実際にそうしてしまう。録音も優れていて、両翼配置のオーケストラに包みこまれる音場がつくりだされている上、各オケの弦の音色の違いが堪能できる。同封されている解説や、彼へのインタビューも、充実した内容。ジャケット違いで「追悼盤全集」があるし、廉価版も出た。廉価版には、バイエルン交響楽団との「7番」が追加収録されているので、購入するなら廉価版の方が内容的にも良い。
この全集は昔から気になっていたけど、中古店で1000円で売っていたので購入した。購入してわかった事だが、定価で買わずに正解だった。結論から言うとクーベリックらしさがあまり感じられない。何か指揮する方も演奏する方もいっぱいいっぱいみたいな感じで余裕がない。少なくとも息の合ったバイエルンで統一した方が良かったのではと思える。レコード会社の企画なのかもしれないが、若手の指揮者ではないのだからどうかと思う。

ダンスの動画・コラム・コンクール情報専門サイト

舞台撮影・映像制作を手がける株式会社ビデオ。

コンクール
CONCOURS

各コンクールの結果&上位入賞者の動画を公開中

インタビュー
INTERVIEW

日本を代表するダンス業界人にインタビュー

ニュース & コラム
NEWS & COLUMN

最新のダンス情報、コラムはこちらから

SERVICE

株式会社ビデオ 事業紹介

株式会社ビデオは舞台撮影からパッケージ制作
までの全てを高い品質でお届けします。

舞台撮影から
パッケージ制作

おさらい会から発表会、公演、コンクールまで、内容・規模に関わらず撮影からパッケージ化まで承ります。撮影・編集内容等お客様のご要望に合わせた料金プランをご提案します。

プロモーション
ビデオ等の
映像制作

お客さまがお持ちの動画素材や撮影した映像を使い、プロモーション映像や公演予告など、様々な場面で使える良質な映像を制作します。

写真撮影
(オプションプラン)

舞台写真をはじめ、ポーズ写真、記念写真、プログラム用顔写真まで、幅広いシチュエーションの写真撮影に対応しております。

ホームページ
制作

撮影をご依頼されたお客様に限り低価格でホームページ制作を承ります。新しくホームページを持ちたい方やリニューアルを考えている方はご相談ください。