ABLETON DAW Live9 DAWソフト Suite 爆売りセール開催中 DTM 2429円 ABLETON DAW Live9 Suite DTM・DAWソフト PCソフト 音楽制作 drskaku.com,ABLETON,PCソフト , 音楽制作,/Arctocephalus747436.html,2429円,Suite,DTM・DAWソフト,DAW,Live9 ABLETON DAW Live9 DAWソフト Suite 爆売りセール開催中 DTM drskaku.com,ABLETON,PCソフト , 音楽制作,/Arctocephalus747436.html,2429円,Suite,DTM・DAWソフト,DAW,Live9 2429円 ABLETON DAW Live9 Suite DTM・DAWソフト PCソフト 音楽制作

ABLETON DAW Live9 返品不可 DAWソフト Suite 爆売りセール開催中 DTM

ABLETON DAW Live9 Suite DTM・DAWソフト

2429円

ABLETON DAW Live9 Suite DTM・DAWソフト

商品の説明

商品紹介

リアルタイムで作曲、制作、演奏。アイデアを作成し、作業を止めることなく変更を加え、作業結果をすべてキャプチャーできます。音楽ソフトウェアのご使用経験がある方なら、Ableton Liveの操作にすぐに慣れることができるはずです。Liveのアレンジメントビューには、トラックが縦に積み重ねられており、時間の経過に合わせて左から右に表示されています。また、Liveには先進的なセッションビューも搭載されています。セッションビューは、音楽のアイデアの即興アレンジ、再生、演奏がタイムラインの制約なしに行えるユニークなスケッチパッドです。複数のオーディオループやMIDIループを、同期させたまま自由かつ個別に操作できます。Liveのほとんどの機能はリアルタイムで動作します。デバイスの追加、並べ替え、削除、Liveのフレキシブルなトラックルーティングを使用した再生など、クリエイティブな制作フローの流れを妨げません。

Amazonより

リアルタイムで作曲、制作、演奏

一般的なDAWでよく使用されるアレンジメントビューと、Live独自のセッションビューの2つの音楽制作環境を使用して、リアルタイムで作曲やプレイが可能
純正コントローラーPushだけでなく、様々なMIDIコントローラーに対応し、あらゆる制作や演奏の場面をカバー

インスピレーションをダイレクトに活かすAudio to MIDI機能

新しくなったLive 9は、録音や既存のオーディオデータをMIDIに変換可能。鼻歌から作曲、ドラムループの再構築、そして曲そのものから和音でMIDI抽出が可能
さらにオーディオデータのサウンドを解析し、自動的にLiveのサウンドを適用
(ピアノのオーディオデータを変換した場合、MIDIトラックにLive内のピアノサウンドが割り当てられます)

インストゥルメントとエフェクトを自由自在に構築

Liveに搭載されたRack機能では、複数のインストゥルメントとエフェクトを単体のデバイスとしてまとめることが可能
8つのマクロノブに、それぞれにRack内の任意数のパラメーターをマップすることができ、カスタマイズされたコントロールが可能

デュアルスクリーン対応と書き出し機能の向上

モニター1台をアレンジメント専用に。ミキサーを常時表示させたり、モニター1台をMIDIクリップ編集専用モニターとして使用
書き出し時のサンプルレート変換はSoX Resampler Libraryを使用して実行されるようになり、低サンプルレートに書き出す際、より高いクオリティでエクスポートが可能に

Live 9 SuiteにはMax for Liveが付属

独自のデバイスを構築するためのツールキット、Max for LiveがLive 9 Suiteには付属。
コンボリューションリバーブを含む24の新インストゥルメントとエフェクトを同梱
Max for Liveコミュニティにより構築された、900を超えるデバイスのすべてにアクセスできるほか、もちろん自分でオリジナルのエフェクト、シンセサイザー、機能の作成が可能

機能比較表はこちら
http://www.h-resolution.com/ableton/Live9_comparison.html

ABLETON DAW Live9 Suite DTM・DAWソフト

自分が購入したのはアップグレード版なのですが、便宜上こちらに書かせて頂きます。Ableton LiveとはVer.6からの付き合いです。Ver.9で初めてSuiteに手を出しました。なぜかというと、Max for Liveの存在ももちろん大きいけれど、Ableton Pushを使用することに決めてて、Live9よりも先にAbleton Pushを購入済みだった(中古で安く売ってたからPushのほうを先に買いました)からです。Ableton Pushとの互換性を考えると、Suite付属の内部音源等がPush上で色々弄れる事を大きく見ました。実際にSuiteと合わせて使ってみて、作業効率も非常に上がったし、Pushも非常に有効に使いこなせるようになっていたことにとても満足してます。極端な話、Live9 SuiteとPushだけで完結させてトラックメイキングできるし、実際初期は外部音源等は一切使わずに曲作りを完結することが、殆どだったりしました。最近は外部音源等をよく使ってますけれど、やはり内部音源はPushと組み合わせると使いやすいし、内部音源はLive専用なので相性等が原因でクラッシュしたりすることもほぼ有り得ませんから、やはり使いやすいです。ちょっとした音を足したりするときに、内部音源を使う事が多いかもしれません。あと、最後の極め付けは、やはりMax for Liveの存在でしょう。Live9 SuiteとMax for Live、そしてPushの3つが有れば、無限の可能性を感じます。総じて言えば、Suiteにして良かったと個人的には思っています。ただし、拡張内容に比べてやや値段設定が高め過ぎかな?というのはやはり有りますので、予算とよく相談してからSuiteにするかどうか決めたほうがいいかもしれません。
確かにエフェクトはダンスミュージック制作に役立つものは豊富です。ですがよくネット上で見る「abelton liveはダンスミュージック専用?」「シーケンスを作るものでしょ?」みたいな意見がチラホラあるので気になりますが歌謡曲はがっつり作れます。一般的なdawの横の時間軸のアレンジメントビューももちろんあり、主な作業はそちらになリます。個人的には売りである縦の時間軸でエクセルのマスのようにトラックごとに簡易的なシーケンスを作れるセッションビューはイントロ、AメロBメロサビ…といったざっくりした形を作れるので曲のひな形をつくるにはもってこいです。シーケンスはトラック単位でドラッグアンドドロップでアレンジメントに反映もできるので楽です。レガート機能を使えばセッションビューのみでアレンジメントと同じように展開を自動演奏を組むこともできます。「ドラムラック」で簡易的なサンプラー、ドラムの打ち込みでの音色の差し替えも楽です。ルーパーも内臓しているので適当なフットスイッチにrecボタンを割り当てればループ演奏も気軽にできるのでライブにも使えます。私はギタリストなのですがaudio to midi機能があるのでギターで弾いた演奏をmidi信号に変えてくれるのでmidiキーボードもあまり出番がないです。精度はまあまあなので添削は必要ですが。弾けないピアノを練習するよりも楽です。その辺の機能は他のdawにもあるかもですが。abelton livenは歌謡曲「も」作れる。ということです。
Abelton Live 9 Lite をしばらく使っていました。ジャンル的にはアンビエント・テクノ、アヴァンギャルド・テクノといった感じです。かっちりしたものというよりはカオス的な要素で面白い音楽・音響効果を追求しています。フィジカル・コントローラーによるリアルタイムなモジュレーションなどは、モデュラーシンセを扱う感覚で楽しいです。従来のDAWに比べて、素材を効率的に扱えて、高い自由度であることが特徴だと思います。ライブパフォーマンス向きだという評価がされていますが、試行錯誤しながら作品を構築するのにも便利な構造になっていて、新たな作風の開発にも役立っていると思います。行き詰ったときに手軽にいろいろなアプローチを試しやすいのはありがたいです。Liteにはそれなりに満足はしていましたが、トラック数や仮想楽器の種類など気にはなっていました。アップグレードするとして、イントロ、スタンダード、スイートの何れにするかでだいぶ迷いましたが、個性的で誰も効いたことのない音を出したいという思いが、Max for Live をはじめとした個性的なモジュールを多数含んでいるスイートを選ばせました。アカデミック価格で購入できたということもありますが。いろいろといじっているうちに、パフォーマンスだけでなく箱庭療法的な音楽療法やマルチメディアによるアートセラピーなどにも使えそうな気がしております。膨大な量のモジュールやテンプレートが含まれていますので、非常に研究しがいのあるアイテムです。非常に個性的でライブラリも膨大なので、初めてLiveに触れる人はLiteから相性を探ってみるのも手だと思います。

新着情報

2021/11/15
11月19日(金)・22日(月)は秋期大会の為、事務局業務はお休みさせて頂きます。
2021/11/11
第54回細胞検査士二次試験受験者の皆様へ(2021.11.11)
2021/11/11
第54回細胞検査士資格認定試験一次結果・二次試験案内を本日封書にて発送しました。
2021/10/27
第54回細胞検査士資格認定試験一次試験について
2021/10/19
第63回(2024年)日本臨床細胞学会 秋期大会 会長公募について
2021/07/14
第46回細胞診断学セミナー募集受付を開始いたしました。
2021/06/21
第81回細胞検査士教育セミナー募集受付を開始いたしました。
2021/05/24
【2足セット】Clair シークレットインソール 中敷き 身長アップ 男女兼用 22.5cm~27.0cm 衝撃吸収 足長 エアインソール クッションシューズ かかと 抗菌 防臭 通気 滑り止め サイズ調整可能
2021/05/13
第2回新型コロナウィルスによる業務への影響についての実態調査実施について
2021/03/10
2021年度教育研修指導医新規申請要項
2021/01/27
2020年度 日本臨床細胞学会細胞診専門医試験を受験される方々へ
2021/01/26
第81回細胞検査士ワークショップ募集受付を開始いたしました。
2020/12/25
本日、第79回細胞検査士教育セミナー受講証明書を発送いたしました。
2020/12/25
ロゴナ(LOGONA) 【日本正規輸入品】ハンドクリーム<ローズ> 75ml
2020/12/11
第53回細胞検査士資格認定試験 二次結果発表

お知らせ

2021/11/17

2021年度細胞診専門医試験受験票等、本日封書にて発送しました。

2021/11/15

11月19日(金)・22日(月)は秋期大会の為、事務局業務はお休みさせて頂きます。

2021/11/12

医研シンポジウム2021 当日動画・講演要旨掲載のご案内

2021/11/11

第54回細胞検査士二次試験受験者の皆様へ(2021.11.11)

2021/11/11

第54回細胞検査士資格認定試験一次結果・二次試験案内を本日封書にて発送しました。

2021/11/09

2022年第28回日本-タイ細胞診ワ-クショップ中止のお知らせ

2021/11/08

第54回細胞検査士資格認定試験 二次受験者番号一覧・タイムスケジュール・会場案内

2021/11/05

第54回細胞検査士資格認定試験 一次結果発表

2021/10/27

第54回細胞検査士資格認定試験一次試験について

  • 第60回日本臨床細胞学会秋期大会

    2021年 11月20日(土)~11月21日(日)
    米子コンベンションセンター/米子市文化ホール

    第63回日本臨床細胞学会春期大会

    2022年 6月10日(金)~6月12日(日)
    グランドプリンスホテル高輪

  • 公益社団法人 日本臨床細胞学会
    〒101-0062
    東京都千代田区神田駿河台2-11-1
    駿河台サンライズビル3F
    FAX: 03-5577-4683

第60回日本臨床細胞学会秋期大会

2021年 11月20日(土)~11月21日(日) 米子コンベンションセンター/米子市文化ホール

第63回日本臨床細胞学会春期大会

2022年 6月10日(金)~6月12日(日) グランドプリンスホテル高輪

公益社団法人 日本臨床細胞学会
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-1
駿河台サンライズビル3F
FAX: 03-5577-4683